Tuesday, January 15, 2013

SKE48から小木曽、桑原、平松、矢神ら9名が今春卒業



SKE48から桑原みずき、高田志織、平松可奈子(以上チームS)、赤枝里々奈、小木曽汐莉(以上チームKII)、上野圭澄、原望奈美(以上チームE)、小林絵未梨(研究生)の8名が卒業することが発表された。
これは本日1月15日に愛知・SKE48劇場にて行われたSKE48チームKII「ラムネの飲み方」公演にて明かされたもの。この8名と、先に卒業を発表済みの矢神久美(チームS)の計9名は1月30日にリリースされるSKE48のニューシングル「チョコの奴隷」のカップリング曲「それを青春と呼ぶ日」に参加しており、本日の公演では同曲のPVが上映されたあとに湯浅洋劇場支配人より各メンバーの卒業が発表された。
今回卒業を発表したメンバーは、昨年の夏頃から卒業について相談していたとのこと。湯浅劇場支配人は「SKE48での活動は彼女たちの人生の通過点に過ぎない。1人でも欠けてしまうのは寂しいですが、彼女たちの人生の邪魔をしてはいけないと思いました。どうすることが一番いいのか秋元(康)先生にも相談した結果、チームなんだから最後に1曲歌おうということになりまして、秋元先生に書いていただいた曲を卒業するメンバーで歌うことになりました」と卒業の経緯およびカップリング曲「それを青春と呼ぶ日」の歌唱について明かしている。
なお矢神を含む9人の卒業は春頃が予定されている。

No comments:

Post a Comment